This website works best with JavaScript enabled

hina-logo

電話番号(※お掛け間違いにご注意下さい)
080-4428-0626
平日10:00~18:00 土曜10:00~17:00 日曜祝日休み

資料請求

どんなに手のかかる子でも必ず変わります

img nur p07

毎日の育児や躾でヘトヘトになっているお母様へ、当教室では、「なーさりー」という未就園児クラスを開設しております。

たくさんの遊びを通して、生活習慣やルール、自分の気持ちをことばで表現することや相手の気持ちを理解することを少しずつ学んでいくクラスです。

また、お子様にとって初めての社会生活の場となる幼稚園に入っても困らないように、お弁当の頂き方、折り紙やお絵かきなど簡単な制作も学んでいきます。

今、お母様が悩まれているどんなに手のかかるお子さまでも3ヶ月位で変わります。

ところで、現在、お子さまのご様子はいかがでしょうか?

まだ、1〜2歳前後のお子さまですから本当に一番かわいらしい時期ですね。

ただその一方で、最も手がかかってしまうのが、この時期から幼稚園受験前の2〜3歳の時期です。

  • なかなか、おむつがとれない
  • 1歳過ぎてもまだ言葉が出てこない
  • 他の子と比べて成長が遅いのでは?
  • 気に入らないことがあると大声で泣く

思い当たることはないでしょうか?
これらは、幼稚園入園前の2歳前後のお子さまを持つお母さまから、よくお聞きする悩みです。

ほんとうに育児は大変ですし、毎日、小さなお子さまを相手にしているお母さまの気苦労は並大抵のものではないでしょう。

さて、これからお話しすることは子育てにお悩みの方、入園前の準備をお考えの方にとってとても参考になる内容です。
必ずお役に立てますので、ぜひ最後までお読みください。

「どうしたらいいの?」あてはまることはありませんか?

  • 人前でも寝転びながらダダをこねる
  • お友達の輪の中に入っていけない
  • お店のものを知らないうちに手に取ってしまう
  • ほかのお友だちが遊んでいるおもちゃを何も言わずにとってしまう
  • お友だちにちょっかいを出す、逆にちょっかいを出されても何も言わない
  • 自分で何でもやりたがるが、出来なくなるとかんしゃくを起こす
  • トイレトレーニングがうまくいかない

少しでも当てはまることはありませんか?

ついイライラして叱りすぎてしまって、さらに状況が悪くなってしまうことも多いかもしれません。

お母さまとしても、なぜ言うことを聞いてくれないのか、こんなに頑張っているのにどうしてうまくいかないのか理由がよくわからず、困惑してしまうのではないでしょうか?

ただ、そんな大変なこの時期の子育てなのですが、母親であれば誰でも、

  • 我が子の力を伸ばしてあげたい
  • 個性や自分らしさを大切にしたい

こう願うのが当然です。そんな、子育てに奮闘中のお母さまに私たちからお伝えしたいことがあります。

それは、こうした2歳前後のお子さまの困った行動・態度には、実は解決方法があるということです。

決して、お子さまの性格や能力のせいではありません。ほんとうは、どんなお子さまでもちゃんとできます。

これらの問題は、お子さまへの「ことばのかけ方」や「接し方」次第で、すべて直すことができます。

具体的には、
「こういう場合は、こうしたほうがいい」という、正しい「ことばのかけ方」「接し方」があるということなのです。

img nur p02

ただいきなり、正しい「ことばのかけ方」「接し方」といっても、なかなかピンとこないでしょう。そこで、具体例をあげてお話ししていきたいと思います。

 

まずは、幼い子どもの心理を知る。正しい言葉のかけかた、接し方とは?

たとえば、街中でときどきお子さまが地べたに座り込んで「いやだ〜!○○買って」とか「○○欲しい〜!」「○○行きたい〜!」などと、お母さまを困らせている場面を目にすることがあると思います。

お母さまにしてみれば、顔から火が出るほど恥ずかしい、1秒でもその場を早く立ち去りたい最悪の場面です。

ですが、お子さまが人前で座り込んだり、地べたに寝ころんでゴネたりするような場合は、実は、すでにお家で「ここまでやればワガママが通る」という経験をしているケースが多いのです。

子どもなりの方程式
わがままを言ったら、ママに「ダメ!」と一蹴された。
大声で泣きわめきながら粘ってみた
とうとうママは耐えかねてわがままを聞いてくれた(今日もラッキー!)

お子さまは「よ〜し、次も騒げばママはいうこときいてくれるぞ」と学習しているのです。

子どもは、私たち大人が思っている以上に賢いのです。

そして、こうならないためには、お子さまに「どんな言葉をかけるか」、「どんな態度で接するか」に注意をはらう必要があります。

たとえば、例にあげた外出先でのお子さまの「座り込み作戦(笑)」であれば、お出かけ前の言葉のかけ方ひとつで解決していくことができます。

具体的には、お子さまと「今日はママの用事でお出かけするから、あなたのモノは買わないからね」とお約束をするようにしましょう。

そしてポイントは、そのお約束を守ることが出来たら、
「約束を守れた」というお子さまの「行動」そのものを褒めてあげることです。

そしてこのとき、アメやお菓子などご褒美をあげてはいけません。なぜなら、お子さまがモノにつられるようになってしまうからです。

ルール・約束通り行動すること=褒められること・うれしいこと

このことを、毎日の生活のなかでお子さまにくり返し伝えていくことで、お子さまの行動を変えていくことができるのです。

ポイントは褒め方とタイミング、それだけで子育てがもっと楽しくなる
img nur p01

「正しい言葉」をかけ、「正しい態度」で接していくことで、お子さまの行動は必ず変えられます


ただ、その時々のお子さまの心理状態に合わせてベストの対応をすることは、なかなかできることではありません。


特に、感情的にならずに、イライラをおさえて、お母さまご自身が褒め上手になることはかなり難しいでしょう。

これは毎日、お子さまを相手に奮闘しているお母さまが、だれよりも痛感されていることだと思います。


私たちクレアトゥールひなの会では、お子さまに対して、「こういうお約束をしてください」 

そして 「お約束を守れたらこの言葉でほめてあげてください」「こういう態度で接してあげて下さい」
というように、
具体的なことばかけの方法や接し方を、ありとあらゆる場面を想定してお母さまにお伝えしていきます。


当教室ではでは、幼稚園教諭をはじめ、保育士、といった、専門資格を有するスタッフがそろっています。

そうした専門スタッフの豊富な経験と、育児に必要な専門分野のノウハウを取り入れて、お子さまの成長と幼稚園入園の準備を万全にサポートしていきます。

まずは無料体験をお試しください、「うちの子がこんなに変わるの?」と驚かれる方が大勢いらっしゃいます。
img nur p05

もしも、育児や幼稚園選などで少しでもご不安があるようでしたら、解決策として私たちクレアトゥールひなの会をご検討ください。

ただし、私たちクレアトゥールひなの会では、いきなりの入会はお勧めしていません。

なぜなら、後悔のないよう、入会前に私たちの指導に充分にご納得いただきたいと考えているからです。

また、もう少しなーさりークラスについて詳しく知りたいという方は、私たちの会の資料をご請求ください。

育児、躾、教育などでお悩みの方、幼稚園入園の準備をお考えのご家庭にとっては役に立つものです。ぜひ今後の子育てにお役立てください。

そして、資料をじっくりお読みいただき、そのうえで無料体験をお試しされるかどうかご検討ください。

長くなりましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございます。

クレアトゥールひなの会

教室長 高山 博子

お問い合せ・資料請求 

資料請求

080-4428-0626
〒141-0021
品川区上大崎2-11-2 第9吉田ビル2F
クレアトゥールひなの会
#fc3424 #5835a1 #1975f2 #2fc86b #f_syc9 #eef11667 #160714084024